So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は、走ったぜ。 [自転車]


昨日、深紅さんと談笑してて、種松山ツアーをしたくなり、今朝、行ってみましたよと。



倉敷~粒浦~種松山~鷲羽山~児島インター~児島エリア~旧下津井電鉄跡の自転車道~茶屋町~倉敷というコースになりました。



粒浦までは、風もそんなに強くなく、日も照っていて、割と気持ちよく種松山の登り口に到着。

最近、取得した頑張らない乗り方で、坂道を登っていきました。






種松山公園で写真撮影後、鷲羽山方面へ走っていきました。



それにしても、種松山へ自転車で来ようとは、思いもしませんでした・・。




この後、向かいの鷲羽山スカイラインへ行けるのかと思いながら、下っていく。




22年ぐらい前に、117クーペで突っ込んだコーナー・・・(笑



種松山を降りきったところの信号が、なぜか青・・・。

というわけで、そのまま鷲羽山へ。

で、登っていくと、種松山よりも、勾配が緩いので、案外、楽に登っていけました。




気が付けば、鷲羽山の展望台に着きました。
で、元気が余っていたので、このまま鷲羽山ハイランドを越えて行こうと、下って行き、元真ん中の料金所を過ぎて少し行ったところで・・・。



なんと、雪が降り出したよ。





下り坂では、雪が痛く、半泣きで、例の廃レストラン?を過ぎて、コースの路面状況を観察しつつ、児島の展望台へ到着




児島の街にも、雪雲がかかってるし・・・



雪が降ったりやんだりを繰り返しながら、瀬戸大橋が見える鷲羽山ハイランドの側で、給水休憩






その後、天気がパッとしないので、そのままトンネルを通って、児島インターを過ぎて、中銀前のコンビニで少し雨宿りをするも、あまり変わらないので、あきらめて、旧下津井電鉄跡の自転車道を茶屋町まで行く事に・・・。




さきほどコンビニで仕入れたパンとかを稗田の公園で食べつつ、ちょっぴり休憩。



その後、福南山を越えて、水島インター付近にさしかかると、日がさしはじめてきました。

でも、風がきついんです。



茶屋町から倉敷へ向かっていくと、強烈な向かい風に見舞われ、体力を消耗しつつ、倉敷へ帰りました。



合計約4時間30分ほどで、サイクルメーターを見ると3時間50分ほどサイクリングしていたみたいで、また心拍数を155以上あがらないように走っていったので、消費カロリーは、2800Kcalほどでした。

さすがに、今も腿まわりの筋肉がにわかに痛いですなぁ。

でも、2山連続で走れたのには、WAVEの店長のアドバイスが効きましたね。




楽しかったですよ!


新通勤コース [自転車]

今朝は、通勤仕様だったので、自転車の総重量は、+3kgとなったのだが、どうしても、坂道が外せなくて、無理だったら、引き返せばいいやっていう、楽観的な考え方で、新通勤コースを試してみました。

昨日、通った西岡の電波塔のある林道?を倉敷側から登り、倉敷インターの看板が見える橋を渡り下り坂。
さすがに、まだ、所々濡れているし砂もあったから、徐行しつつ下り、そこから、浅原安養寺~浅原峠を越えて、清音へ。
浅原峠も、最近、県道の工事のためにダンプが往復していて、特に今日は、路面に砂が見えたので、最高速は45Km/hぐらいにして下る。
そこから、山手方面に県道と平行に走る旧山陽道を店の前までのコース。
サイクルメーターで12Kmぐらいだけど、今日の所要時間は、50分ぐらいでした。
最初の予想とは裏腹に、なんか楽しいなぁと感じれたし、平均ケイデンスは、56ほどになったけども、最大心拍数を155までに抑えたから、店に着いた時も、全然えらくなかったんですよね。
だから、そのまま店を通過して、日畑まで行った後、倉敷カントリークラブを廻って店に来たくなりましたよ・・・(笑
あと、自転車が重くなったせいなのか、高速コーナーが安定してるように感じたなぁ。
また、今日は、風があって最初、寒く感じたのだけど、運動量が多いのか、割と暖かく来れました。

サイクルメーターにはアラーム機能があるから、暗くても、最大心拍数を155にセットしとけば、帰りも、浅原峠経由かなぁ・・・(笑


朝のサイクリング [自転車]

今年は、2月が来ようとしているのに、朝8時頃になれば、5度以上になるから、自転車に乗りたくなるのであります。

で、今朝は、先日、企画したコースの倉敷カントリークラブ部分を除いたものに、前々から行ってみたかった西岡の電波塔付近の坂道をたしてみました。
浅原安養寺から西坂台までのコースは、最初の登りを除いては、上のギアが使えるので楽々行けて、当然、ドーンと山手の岡谷の信号まで急な下り坂がありましたが、自転車を傾けてのコーナーリングには自信がないため、かなりブレーキを使用して下りました。
その後は、山手の支所の前を通り、清音から、最近お気に入りの浅原峠を登りました。
ペース配分がわかっているので、無理することもなく、それよりも登っている最中に、楽しいと感じるのは、妙な脳内物質が出ているのかもしれませんな。
その後は、下って安養寺の前を抜けて、山陽自動車道の高架下より、山陽自動車道に沿ってある上り坂を登ります。
ココの方が、浅原峠よりも勾配がきついのか、心拍数は10程上がったのに、ケイデンスとスピードは、下がってしまいトロトロと登る。
坂の頂上について、酒津側に行くのも面白くないかなと、山陽道に架かっている橋を渡って、西岡の電波塔がある方へ進んで行きました。
ココも、勾配がきつく、なかなか楽しいです。
それから、下りとなるのですが、コース的には、ヘアピンありと、そういうのがお好きな方には、絶好調かもね。
で、最後に、西岡の霊園がある丘を軽く登って、倉敷へと帰りました。

距離は、18Km程なんですが、所要時間が1時間15分ほどと、倉敷から児島のだいさん宅まで(24Km)行ける時間がかかっていて、平均スピードも15Km/hぐらいでしたから、まぁ、こんなもんでしょうね。
ただ、ハートレートに気をつかっていたので、98%インゾーンという、僕らしからぬ走りでした・・・(笑


朝のプチサイクリング [自転車]

今朝は、仕事前の90分を使って、プチサイクリングへ行きました。
準備と後片付けを考えたら実質60分ぐらいしか乗れないわけなんで、サイクルメーターの時計を見つつ、出発。
まずは、いつもの通勤路の生坂を越えて山手方面に行き、そこから、西方面へ。
山手と清音の間のボチボチの登りを下った後、そこから、浅原峠に行きました。
一度出来てしまうと、ハマってしまう性格は相変わらずで、只今、坂道にハマリ気味でございます。
ともかく、種松山とかを想定すると、総社側から浅原峠を登れないと、きっと無理なので、とりあえず登ってみる。
4.5Km/hぐらいで、心拍数は150ぐらいに抑えて走ったら、昔、あんなにエライと思っていた坂が、ダンシングすることもなく、ノンストップで登れてしまった。
しかも、余力が残っているので、これなら種松山や鷲羽山も登れるのかなぁと、思ってみたり・・・。
その後は、坂を下って倉敷へと帰っていったのですが、ほとんど60分ぐらいで、15Kmほどのサイクリングが出来ました。

で、倉敷から浅原の安養寺まで行って、そこから、西坂台へ裏から上っていく道を登り、西坂台を越えて、また429号へ戻り、それから倉敷カントリークラブを越えて、それから日畑方面に行き、日畑から、吉備路自転車道を総社の体育館まで行った後、そこから、浅原峠を越えて、山陽自動車道の下から、山陽自動車道沿いにある道を登っていき、高梁川沿いまで出て、そこから酒津経由で倉敷というコースを考えてしまった。

やっぱり、自転車は楽しいのである。


僕なりに・・・。 [自転車]

昨日の深紅さんの逝けてる日記をみて、今日の15時頃から、僕なりのプチ山岳サイクリングに行ってみました。

まず、倉敷側より、浅原の安養寺を通過して、最初の坂にトライ。
WAVEの店長のアドバイスを参考にして、心拍数を最大で160までにして、5km/hぐらいなスピードで登ったら、一度も休む事無く、ダンシングする事もなく峠の頂上に登れてしまった。
さらに、ほとんどエラくないのである。
これなら、種松山とかも登れるなぁと、なんだか妙に嬉しくなりました。
そして、その後は、急な下り坂となるのだが、瞬間で62.1km/hをサイクルメーターが示し、恐怖と戦いつつコーナーを抜け、あとは、ブレーキをかけるも、なかなか減速してくれず、マジ冷や汗!
いろんなパーツを付けた分の重量増が影響しているんだろうなぁ。

その後、山手方面に県道を東方面へ。
ここにも登り坂がありますがなんなく通過して、次は、倉敷カントリークラブへ向かってみました。
景色は良いし、独りだと自分のペースで走れるから、坂はキツいけど、楽しんで走れました。
ここの後の下り坂は、さすがに、危険だから徐行して下り、後は、倉敷まで、ケイデンスを80以下に落ちないように気をつけつつ、帰りました。
さすがに向かい風だったので、心拍数は160平均となってしまいましたが…。

結果としては、くじけずに楽しんで走れる20kmコースでしたね。
所要時間も、1時間15分ぐらいで、消費カロリーも1010kcalと、いい感じの運動量かな。

今度は、種松山に行ってみようかな。


朝から・・・ [自転車]

今日は、都合上、車での通勤と決めていたのだが、深紅タソの日記を今朝、読んでしまい、自転車熱、発病・・・。

しかし、準備をして、時計をみると、1時間しか無い!

とりあえず、25分間で行けるとこまで行ってUターンしようと出発。
いつもの通勤ルートを走って行ってると、ど忘れしてたのだが、好意にしている政治家のおっちゃんの事務所開きしているではないか。
あの怪しい自転車の格好のまま、事務所の中まで入っていき、適当に挨拶した後、サイクリング再開。

今日は、あまり距離は乗れないから、いつもより速いペースで生坂を登る。
その後、山手側へ下った信号でUターン。
そっからも、なぜか自転車に乗れてる感じがしたから、ハイペースを維持したままで、坂を上り、新幹線下を通過した時の速度表示が52.1Km/hを記録。

結局、距離は、12km程しか乗れなかったけど、割と汗かいて気持ちよかったですね。


最近のデジカメは、すげぇなぁ [自転車]

昨日、マイミクのnaoさんが店に遊びに来ていたのだが、帰りがけに、数枚写真を撮っていただきました。




寒さ対策フル装備の格好では、コンビニに行くと確実に通報されそうですなぁ・・・。

といいつつ、この後、この格好のままで近所のセブンイレブンに行きました(爆)







この時は、辺りが真っ暗だったのに、今のデジカメは、ここまで写ってしまうのか・・・。

悪いこと出来ないねぇ。






さらに、その写真をデジタル処理したら、ここまで見えるとは。




技術の進歩は、ある意味怖いかも・・・。


こういう事なのか [自転車]

先日、無くしてしまったTREKのT5 LED テールライトのかわりに、昨日、WAVEさんで、購入したディスコテック テールライトを取り付けたのですが、先日装着したシートポストラックの後方部分に何かが取り付けられるブラケットがあったんで、ココに付くのかなと試行錯誤(シートポストラックの取り付け説明書が付属して無かったので・・・)の末、ピッタリと付きました。
ココなら、背後からもよく見えるし、固定方法がカチっとしているから、今度は外れないだろうと思います・・・(嬉

ついでに、ヘッドライトの電池も交換したから、コレで夜間走行も一安心かな。
ただ、WAVEの店長がヘッドライトは2つあると、なお明るいよの言葉に、揺れるのでした(笑)


仕様変更 [自転車]

春には、やってくるKLEINとの棲み分けを考えて、TREKの方を通勤快速仕様にしました。
変更前



変更後



水たまりとかでも、大丈夫なように、前後フェンダーを装着して、リアに荷台を付けて、専用の携行バック仕様に。





TREKインターチェンジシステム用のシートポストラック




BONTRAGERのアプルードフェンダー

さすがに、TREK純正部品だけあって、ピッタリ付くし、軽量で、イイ感じになりました。




TREKインターチェンジシステム対応のインターチェンジトランクDXプラスバックは、結構な大きさまで、大きくなり、また、サイド部分も開くとかなりの容量となりますから、コレ1つで、今まで使っていたバックパックを必要としなくなりました。



今日は、この仕様で通勤しましたが、バックパックを背負わない分だけ、姿勢が楽になったので、非常に乗りやすかったです。


意外な落とし穴・・・(笑) [自転車]

今日は、朝から、仕事の残りをこなしてから、ACTY君にレカロシート付けたおかげで、シフトが入り辛くなったので、バックスで延長のシフトロッドを探すにも、10X1.5が無い・・・。

もしかしたら、もう無いのか・・・・。

まっ、明日、問屋に聞いてみよっと。


で、相変わらず、自転車に乗ったのですが、久しぶりに自転車に乗ってWAVEさんへ行ったら、店長が、シートが低すぎるよとの指摘。

だんだん低くなったと思うのだが、何年か前に、幸福様がシートポジションが変わっただけで、そのレースは終わりと言うぐらい自転車に乗るには、かなり重要なポイントなので、ここ最近は、ダメダメで走っていたわけなんですよね。

きちんとしたポジションにしたら、非常に乗りやすく、スピードがのるし、良い感じでした。

これからは、もう少し気を付けて、チェックしなければ・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。